会長ご挨拶 趣旨文 私たちの提言 大会レポート 思想セミナー トピック 自治体議決状況 討議資料

■日時:2012年3月31日(土)

■会場名:釧路市生涯学習センター

■参加人数:50名

 

  

 

■参加者の感想

今まで知らなかった中国の脅威を知ることができました。思想セミナーの内容がこの世を救う重要なる内容であることを確信し、国会議員の方々と共に一日も早く国を守り強い日本にするために努力していきたいです。

 

■参加者の感想

つくづく、マルクスレーニン思想、共産主義は根本的に狂っているということを再認識させられました。中国共産党の本質について日本の社会、国民、政府はあまりにも無知です。中国の脅威に対して鈍感すぎて情けなくなってくる。民主党政権には真の愛国精神がない。これ以上民主党政権に任せていたら本当に国家存亡の危機である。一日も早く真の愛国精神に基づいて政権を担う政府与党(自民党?)に立っていただきたいと思います。

■日時:2012年3月31日(土)

■会場名:調布市文化会館たづくり大会議場

■参加人数:161名

 

  

 

■参加者の感想

緊急事態立法化の運動について、都議会も東京から変えていく意識はあり、その中でも三多摩から変えていく心意気はある。現状を憂い、変えていこうという気持ちは強い。日本の伝統文化にはぐくまれながら、大震災のときにも凛として立ち向かう日本人の精神を見た。この国の自主憲法ができることが当然のこととして必要だと思う。

 

■参加者の感想

江戸時代末期の幕臣である小栗上野介(おぐり・こうずけのすけ)が、不平等条約に抗したように、日本人の本来持っている信念が本当はあるはず。それが今はどこかに行ってしまったのではないかと思っている。我々日本人の持っているすばらしさ、取り戻していくのは大変だが、じっくりとやっていきたい。(緊急事態立法への取り組みについても)政治活動を通じてがんばって取り込んで行きたい。

■日時:2012年3月28日(水)

■会場名:仙台国際センター

■参加人数:146名

 

  

 

■参加者の感想
日本の危機と現状を知って、意識を覚醒させられました。また参加した方の中には、あのような情報はどこから手に入れたのかとか、資料を是非ほしいと言ってきた方が何人かおりました。一人一人の意欲が高まっていることを感じます。

2012年3月23日、石川県議会で「緊急事態に関する意見書」が採択されました。

 

石川県議会石川県議会

 

 

※上の画像は石川県議会のホームページの抜粋です。

クリックすると拡大します

2012年3月23日、北海道議会で「緊急事態に関する意見書」が採択されました。

 

 

 

※上の画像は北海道議会のホームページの抜粋です。

クリックすると拡大します

■日時:2012年3月23日(金)

■会場名:川崎市高津市民館第5会議室

■参加人数:8名

 

  

 

■参加者の感想
大変勉強になりました。この内容は多くの人に聞いてもらいたい。
 

■日時:2012年3月22日(金)

■会場名:アゼイリア飯綱

■参加人数:14名

 

 

■参加者の感想は後日掲載致します

■日時:2012年3月20日(水)

■会場名:文京区勤労福祉会館

■参加人数:72名

 

  

 

■参加者の感想

「一言いわせてください」と男性が願い出た。元海上自衛隊の方でした。「私は海上自衛隊として命をかけて、この国を守ってきた」「今の日本の安保体制は大変危機的な状況である」「今日の話は大変共感するもので、ぜひ、今後もこのセミナーの各地域で展開していただきたい」と熱く語ってくださった。

2012年3月19日、愛媛県議会で「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書が採択されました。

 

※上の画像は愛媛県議会のホームページの抜粋です。
クリックすると拡大します

2012年3月19日、香川県議会で「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書が採択されました。
 

※上の画像は香川県議会のホームページの抜粋です。
クリックすると拡大します