■日時:2011年11月5日(土)

■会場名:かでる2・7ホール

■参加人数:650名

 

  

 

   

 

■参加者の感想

11月5日、この日札幌は小雨の降るあいにくの天気でしたが、梶栗会長が講演をされた「かでる2.7」の会場は熱気であふれていました。まさに、救国の志士現る。その名は梶栗玄太郎、そのような日でした。梶栗会長が、病気を持たれながらも会長になられたことは聞いていましたが、その命がけの内容が実に深刻であり、また本物の義人であり、聖人であり聖子であることを痛感しました。

3.11の未曽有の大災害の中で、日本は国防ということ忘れて、災害復興に全力を尽くす中、アメリカが支援しなければ、国難にひんしていたことなど、これほど体がやんでいるにも かかわらず鬼気迫る気迫で講演をされている姿は、正に救国救世の志士そのものであると感じました。

このような姿を拝見して、梶栗会長の意志と心情を相続して、私達全員が救国救世の勇士とならねばなんらないと深く決意させられました。

 

■参加者の感想

研ぎ澄まされた、はっきりとした、凛とした霊的迫力、一つ一つの言葉が天の啓示のように感じました。久し振りに素晴らしい内容を聞いてスッキリとした思いです。

 

■参加者の感想

この様な素晴らしい講演は久し振りに聞きました。感動し聞いているうちに、何度か胸にこみ上げてきて涙が出てきました。大変、素晴らしかったです。 途中で退席する予定でしたが、梶栗会長の話に魅せ られついつい最後まで聞き入ってしました。    

全国フォーラム左
全国フォーラム右
ページ上部に